子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター

産後の筋トレは赤ちゃんの脳トレになる!?
骨盤矯正をして腰痛を改善しよう!


皆さんこんにちは。

ヨガと瞑想を使って心身の疲労を取り除く、日本初の疲労回復専用ジム
「ZEROGYM」インストラクターの青木美穂です。

子育てを頑張るママたちの体と心が少しでも癒やされるように、隙間時間で簡単にできるヨガポーズやストレッチを毎月ご紹介しています!

第一回目では産後多くの方が悩まれる骨盤の歪みについて、骨盤の歪みを整えるには骨盤周りの筋肉を使うこととほぐすことが大事だとお話させていただきました。

今回は、骨盤周りの筋肉をほぐすストレッチをご紹介したいと思います!

普段子育てをしていると、お子さんを抱っこする機会ってとても多いですよね。



抱っこは体の一部に負担がかかりやすい体勢で、腰や前ももに負荷がかかるため、骨盤の歪みに繋がります。これこそが、腰痛の原因です。

使いすぎている筋肉は、しっかりほぐしてあげると歪みが整いやすくなるため、腰痛の緩和にも繋がります。

今回も頑張らずに、短時間でお子さんと楽しく骨盤矯正や腰痛改善ができるストレッチをしていきましょう!

●ゆらぎのポーズ

※0歳のお子さんと行う場合は
必ず首が座ってから行いましょう。

1 赤ちゃんを抱っこし膝立ちになったら右足を真横に突き出します。



※左足の付け根の真下に膝がくるようにしましょう。

※右足裏をしっかりと床につけたいのでつま先は正面に向けても良いです。

2 ゆっくりと上体を右側に倒します。赤ちゃんは前で抱っこしても、足の上に乗せてもどちらでOKです。



3 ここで10秒キープ。終わったら腹筋を使いながらゆっくりと上体を起こし、反対の足も同様に行いましょう。

この運動で腰の筋肉がほぐれるのですが、お腹とお尻の引き締めにも効果的です!

【ポイント】

・上体が前のめりにならないように、
お腹の力を使いながら真横に倒します。

・お尻の力が後ろに抜けないように、
お尻をキュッと引き締めながら行なってみましょう!

・一人でもできるので、テレワークの合間に運動不足を解消しちゃいましょう!

一人で行う場合は片手を天井方向に引き上げて背骨を伸ばし、吐きながらゆっくりと上体を倒します。



視線を上げるとさらに胸が開くので気持ち良いですよ。



●前ももほぐしストレッチ

1 長座で座ったら、右膝を曲げて右足を左前ももに乗せます。そして、右足を前後に動かして左前ももをほぐします。



赤ちゃんはママの近くにゴロンと寝かせて、ママの動きを見せてあげましょう!

2 次につま先を内側に向けて右足を前後に動かしなら前ももの外側をほぐします。



3 最後につま先を外側に向けて、前ももの内側をほぐします。



終わったら反対の足も行います。

●赤ちゃんに与える効果
不安定なところでママと一緒にバランスを取ると、赤ちゃんの体幹トレーニングになります。

またママの動きを目で追うことで、目のトレーニングにもなります。

目をコントロールすると、前頭葉が発達します。前頭葉は感情や人格形成など人間らしさを作っている部分です。

そのため目を動かすと感情のコントロールが上手になり、キレにくく穏やかな子になると脳科学で言われています。



そのため、赤ちゃんの眼球運動はとっても大切です。

グズったり、動き回ったりして一緒にポーズが取れなかったとしても、ママの運動する姿を目で追うことそのものが、赤ちゃんの脳にはプラスの刺激です。ぜひ、ママが体を動かす様子をたくさん見せてあげてくださいね。

●最後に
子育てやお仕事を頑張っていると毎日があっという間に過ぎ去り、ご自身の体を労わる時間ってなかなか持てなかったりしますよね。

ですが、1日たった5分のトレーニングで、体は確実に変わります。

現在、私は産後8ヶ月で妊娠前の体型にはまだまだ戻れてはいませんが、娘と一緒に1日5分のトレーニングを続けることで、体の不調がどんどん改善されていきました。

最近は娘が私のポーズを真似するようになったり、以前よりも表情のバリエーションが増えて、日々自分の体の変化と共に娘の成長も実感中です。



今日も全てのママがhappyでありますように。これからも一緒に楽しみながら、筋トレを頑張っていきましょうね。

次回も親子で行えるヨガポーズをご紹介します!
お楽しみに。

青木美穂さんコラム一覧はこちらから

読み物連載 専門家たちの一覧はこちらから

最新読み物一覧ページへ
 

執筆者プロフィール
青木美穂



群馬県出身。大学卒業後、福祉関係の会社に就職し介護業務に従事。
その後不動産関係の会社に転職したが多忙な業務の中で心身のバランスを崩し悩む。

そんな中ヨガをする事で気持ちが前向きになれ、心身の落ち着く感覚を覚える。
ヨガを知れば知るほどヨガの魅力にはまり、もっと深く学びたいという気持ちからヨガの本場インドへ留学。

帰国後はヨガとマインドフルネス瞑想を取り入れた日本初の疲労回復専用ジム【ZEROGYM】にてインストラクターとして勤務し、新宿店店長を経験。
法人向けの出張プログラムのセミナー講師も担当する。

2020年長女出産を機に、子供とママ両方が笑顔になれるヨガをしたいと考えていたところで産後のママの体をケアしつつ、赤ちゃんは脳トレや体幹トレーニングができるベビトレヨガに出会いインストラクターの資格を取得する。

【保有資格】
ヨガインストラクター(RYT200)
ベビトレヨガインストラクター
シニアヨガインストラクター
介護福祉士
アロマテラピー検定1級
タイ厚生省認定タイ古式マッサージ資格
食生活アドバイザー