子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター

身体をほぐすと心もほぐれる!?
体をほぐす重要性とは


皆さんこんにちは。

ヨガと瞑想を使って心身の疲労を取り除く日本初の疲労回復専用ジム「ZEROGYM」で、ヨガインストラクターをしている青木美穂です。

子育てを頑張るママたちの体と心が少しでも癒やされるように、隙間時間で簡単にできるヨガポーズやストレッチを毎月ご紹介しています!

前回は、骨盤矯正ができる腰と前ももほぐすストレッチをご紹介しましたが実は他にもしっかりとほぐしてあげないといけない筋肉があります。

それはお尻です!



え!?お尻は鍛える部分ではないの?と思われた読者の皆さん。

そう、実は第二回目の記事でお尻は普段使えていないため、鍛えることが骨盤矯正には大切だとお伝えしました。

もちろん鍛えることは大切です。
ただ、お尻の筋肉は非常に凝り固まりやすい筋肉のため、しっかりとほぐして鍛えていくことが重要なのです。

またお尻に限らず、筋肉をほぐすと体の不調改善にもとても効果的です。

実際、運動不足が続くと内臓機能が低下するため、便秘や肌荒れの原因となります。



そこで、ゆったりと呼吸をしながら体をほぐしてあげると、血液やリンパの流れが良くなって内臓機能が活性化され、不調が改善されやすくなるのです。

では、早速お尻をほぐすストレッチをやっていきましょう!

●お尻ほぐしストレッチ

※赤ちゃんはママの近くにゴロンと寝かせて、ママの動きを見せてあげましょう!

1 膝を立てて座ります。



2 左右どちらかに膝を倒して、お尻に体重を乗せてゴリゴリ回しながらお尻をほぐしていきます。



3 余裕があれば足を持ち上げて、さらにお尻に負荷をかけてみましょう。



終わったら反対も行います。

●三角のポーズ

※0歳のお子さんと行う場合は必ず首が座ってから行いましょう。

1 赤ちゃんを抱っこし、足を大きく開き、右足のつま先を外側に向けて、左足先は約90度内側に向けます。



2 左のお尻を左側にスライドさせるイメージで腰を動かし、左の腰に赤ちゃんを乗せます。 (慣れるまでは少し難しいので、無理はせずに赤ちゃんは前で抱っこのままでもOKです!赤ちゃんが落ちないように両手でしっかりと支えましょう)



3 そのまま上体を右足の方に倒します。
(前のめりにならないようにお腹の力をしっかり使い、真横に倒すように意識しましょう!)



終わったら反対も行います。

【ポイント】

・腰をほぐすトレーニングですが、お腹やお尻を意識しながらやると、お腹とお尻の引き締めにも効果があります。

・一人でもできるので、テレワークの合間に運動不足を解消しちゃいましょう!

一人で行う場合は両手を肩の高さに引き上げます。



腰を左足の方にスライドさせて、息を吐きながらゆっくりと上体を倒します。
(右手はスネや足首など持てるところでOKです!)



●赤ちゃんに与える効果
不安定なところでママと一緒にバランスを取ると、赤ちゃんの体幹トレーニングにもなります。

また繰り返し同じポーズを練習することで、記憶力アップにも繋がりますよ。



記憶には短期記憶長期記憶があり、短期記憶を繰り返すことで長期間記憶をする力も磨かれます。

何度も繰り返し行うことで赤ちゃんが動きを覚えて、次にどんなポーズをするのかわかるようになるので、ママと一緒に楽しめるようになりますよ。



ちなみに私の娘は、三角のポーズを初めて一緒に行なった頃は毎回大号泣でした。

慣れさせるまでは大変でしたが、繰り返し行なった結果、今では一緒にポーズをとると声を出して笑ったり、一人でポーズをとる私の足元で、応援するかのように手を叩くようになりました(笑)。

●最後に
産後は睡眠不足やホルモンの変化、骨盤の歪みなどの影響で、様々な不調が一気に現れて本当に辛いですよね。

心と体は繋がっているとよく言いますが、やはり体が不調だと心までネガティブになりやすいと思います。

反対に体の調子が整うと、自然と気持ちが前向きになれて、心にゆとりが生まれます。

子育てをしていると、日々予想外のことが起きて、心穏やかでいられない日も多々あると思いますが、子どもはママの笑顔が1番大好きなはず。

我が子にできるだけ沢山の笑顔を届けられるように、まずはママご自身の体と心を労わるのを大事にしてほしいなと思います。

今日も全てのママがhappyでありますように。



次回もお楽しみに!

青木美穂さんコラム一覧はこちらから

読み物連載 専門家たちの一覧はこちらから

最新読み物一覧ページへ
 

執筆者プロフィール
青木美穂



群馬県出身。大学卒業後、福祉関係の会社に就職し介護業務に従事。
その後不動産関係の会社に転職したが多忙な業務の中で心身のバランスを崩し悩む。

そんな中ヨガをする事で気持ちが前向きになれ、心身の落ち着く感覚を覚える。
ヨガを知れば知るほどヨガの魅力にはまり、もっと深く学びたいという気持ちからヨガの本場インドへ留学。

帰国後はヨガとマインドフルネス瞑想を取り入れた日本初の疲労回復専用ジム【ZEROGYM】にてインストラクターとして勤務し、新宿店店長を経験。
法人向けの出張プログラムのセミナー講師も担当する。

2020年長女出産を機に、子供とママ両方が笑顔になれるヨガをしたいと考えていたところで産後のママの体をケアしつつ、赤ちゃんは脳トレや体幹トレーニングができるベビトレヨガに出会いインストラクターの資格を取得する。

【保有資格】
ヨガインストラクター(RYT200)
ベビトレヨガインストラクター
シニアヨガインストラクター
介護福祉士
アロマテラピー検定1級
タイ厚生省認定タイ古式マッサージ資格
食生活アドバイザー