子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター

気になるアホ毛、
切れ毛が綺麗におさまるプロの裏技


こんにちは。ヘアライターのさとゆみです。
髪の悩みでよく相談されることのひとつに、産後脱毛があります。



妊娠中はホルモンバランスの関係で、髪が抜けにくくなります。産後脱毛は、その「本来妊娠中に抜けるべきだった毛」が、一気に抜けることで起こる現象です。

抜けたあとは、ちゃんと髪が生えてきますので、それほど心配しなくても大丈夫です。とはいえ、その生え変わりまでの時期は、アホ毛や切れ毛が目立って気になりますよね。

そこで、今日は、そんな産後のアホ毛や切れ毛を綺麗におさめる方法をご紹介します。



用意するのは、コームとキープスプレーだけ。コームは、リングコームといって、柄があるタイプのものを用意してください。100均に売っているもので十分です。

このコームの柄の部分にキープスプレーをふきかけ、アホ毛や切れ毛が目立つ部分を上からそっとなでつけるだけでOK。 短い毛がちゃんとおさまって、髪型も綺麗に決まるようになります。

ちなみに、この方法は、雑誌などの撮影前に、ヘアメイクさんや美容師さんが必ず行うテクニックです。
モデルさんがカメラの前に立つ直前、アホ毛が出ていないかをチェックして、もし出ていたら、今のようなやり方でアホ毛をシャットアウトするのです。



コームの「クシ」部分にスプレーをして、そのまま髪に通してもいいのですが、それをすると「クシ」の跡がしっかり髪についてしまうので、不自然に固めた印象になってしまいます。

コームの柄の方をつかってなでつけたほうが、自然な毛流れを固めることなく、アホ毛を隠すことができます。

この方法、産後脱毛だけではなく、梅雨時の髪がホワホワと広がりやすい時などにも有効です。

お出かけ先の化粧室で、すぐ髪を直せるように、折りたたみできるコームと携帯サイズのスプレーをポーチに入れておけば、なお完璧です。

佐藤友美さんコラム一覧はこちらから

読み物連載 専門家たちの一覧はこちらから

最新読み物一覧ページへ
 

執筆者プロフィール
佐藤友美(さとゆみ)



ヘアライター&ヘアアドバイザー
著書に『女の運命は髪で変わる』『女は、髪と、生きていく』など