子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター

【秋葉優美ファッションコラム】
まもなく冬休み!コロナ渦でも子供と楽しく&賢く過ごす5つの方法




まもなく年末年始。
保育園や幼稚園、学校の2学期が終わり、冬休みに入ると毎日家に子供がいるというご家庭も多いのではないでしょうか。 特に年末年始はパパもお仕事がお休みで、家族全員の毎食の食事作りに、洗濯、掃除。ママにとって忙しい時期ですよね。

そんな中、子供とのコミュニケーションに手が回らず、ついテレビを見せたりゲームをさせてしまったりということはありませんか?
それが絶対にNGということでもありませんが、せっかく子供とべったり過ごせる冬休みです。今年はコロナ渦で、外で思いっきり遊ぶことがなかなか難しいかと思います。そこで今回は、家の中でも子供と楽しく&賢く過ごせる方法についてお伝えします。

1 1日のスケジュール表を作る
長期休みに入ると、つい夜更かしもしがちに。朝は寒いし、なかなか起きられない、ということはありませんか? 生活リズムが夜型になると、疲れも溜まりやすく、体調も崩しやすくなります。 コロナ渦の年末年始に体調を崩したくはないですよね。

そんな時は朝起きたら1日のスケジュール表をお子さんと一緒に作ってみましょう。 食事の時間、遊ぶ時間、勉強する時間、お散歩する時間、お風呂の時間などその日にやること、やりたいことを紙に書いて、壁など目につくところに貼ります。

そして、大事なのが「寝る時間」です。寝る時間を決めておけば、「自分で決めたのだから、しっかり守ろう!」と意識も変わります。

ぜひ毎日スケジュール表を作って、生活リズムを整えることをおすすすめします。シールを貼ったり、絵を書いたり、可愛くデコレーションしたスケジュール表を作るのも楽しいですよ。



2 クリスマスグッズやケーキを作る
クリスマスは子供たちにとって、待ちに待った一大イベントです。クリスマスツリーにつけるオーナメントやクリスマスケーキをいつもは買っているご家庭も、今年は手作りされるのはいかがですか?

難しいものを作る必要は全くありません。折り紙を星型やツリー型に切ってオーナメントにしたり、スポンジケーキに生クリームやフルーツでデコレーションしたりするだけでも、手作り感満載で子供も大喜び間違いなしです。

3 年賀状を書く
お子さんのお友達や祖父母や親戚に年賀状を出す場合、子供に一言メッセージを書いてもらうのも良いです。いつもは親が書くだけだった年賀状も、子供に一言添えてもらったり、絵を書いたり、シールなどを貼るだけでも、子供は楽しいです。それに、年賀状を受け取った相手も嬉しいものです。ぜひやってみてください。

4 お正月カルタを作る
お正月ならではの「カルタ」も簡単に手作りできます。取るカードには、平仮名と絵を書いて、読むカードは文を書くだけで完成します。

年齢によって、取るカードを絵だけにしたり、平仮名で書いたり、カタカナや漢字を入れたり、バリエーションをたくさん作っても楽しいです。



5 オリジナルワークを作る
せっかくの冬休み。賢くおうち時間を過ごすのにおすすめしたいのが、オリジナルワーク作りです。

例えば、言葉の問題で、り??ごと書いて、??に入るひらがなは何?とか、子供の年齢に合わせてカタカナの言葉や漢字の言葉で問題を作るのも楽しいです。足し算、引き算など算数問題も、親が作った問題に挑戦してもらうのも「絶対正解したい!」という子供のやる気スイッチを押してくれます。

いかがでしたか?
コロナ渦でもお子さんと一緒におうちで楽しく&賢く過ごす方法、ぜひ試してみてください。

秋葉優美さん読み物一覧ページへ
読み物一覧ページへ