子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター

【スタッフコラム】
12月22日はスープの日 世界3大スープとは



こんにちは、Power PaletteスタッフのMichikoです。

みなさん、今日12月22日は「スープの日」ってご存じでしたか?私は知らなかったのですが、今日はそのスープの日について、私が調べたことをみなさんにシェアさせてください。

「スープの日」とは、日本のスープ業界の発展を目指して、今から40年以上前の1980年日本スープ協会さん(スープの製造企業さんたちにより結成)によって定められたそうです。※記念日は2020年に一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録。

日付は、温かいスープをより美味しく感じることができるのは、冬、そして「いつ(12)もフーフー(22)とスープをいただく」と読む語呂合わせから、12月22日としたそうです。

スープと一言にいっても色々な種類がありますよね。スープとは肉や魚介類、野菜などを煮込んだ水分の多い料理のことを言いますが、日本では汁物料理を指すことが多く、場合によっては、味噌汁や豚汁、雑煮など日本の汁物や吸物を含めることもあります。

スープの起源は古く、紀元前1500〜1600年頃には、エジプトでスープは存在していたようです。その頃のスープは、家畜や鳥獣、野菜、固くなったパンなどと一緒に煮たごった煮のようなものだったとか。



ヨーロッパでは、11世紀以降、十字軍の遠征が始まり、香辛料がヨーロッパに持ち帰られたことによりスープの料理技術にも発展がみられるようになり、17世紀のフランスのルイ王朝期に正式な献立としてスープも位置付けられることになったそうです。

スープは中世のヨーロッパでも硬いパンをスープでふやかしたりして食べられていたと考えられ、現在でもヨーロッパでスープやポタージュに、クルトンやパスタ、穀類、豆類、ジャガイモなどのデンプン質の素材が入っているのは、その名残りとされています。

■世界3大スープとは
ちなみに「世界3大スープ」としてはあげられているものは、フランスの「ブイヤベース」、中国の「ふかひれスープ」、タイの「トムヤムクン」が一般的のようですが、場合によってはロシアやウクライナの「ボルシチ」、フランスの「コンソメ」が入る場合もあるようです。

その他にもスープには、アメリカの「クラムチャウダー」や「チキンスープ」、イタリアの「ミネストローネ」、トウモロコシを使用した「コーンスープ」、タマネギを使用した「オニオンスープ」、日本では「味噌汁」などがあり、世界中の各土地の気候や風土に適した様々なスープが作られています。

このようにスープには様々な種類があり、3000年以上の歴史のあるとても奥深いものです。

12月22日の「スープの日」。みなさんもお気に入りのスープで身体を温めてみてはいかがでしょうか。

読み物一覧ページへ