子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター


【松林奈萌子片づけコラム第3弾】
子どもが伸びるママが輝く習い事整理法 1


こんにちは!家と心を輝かす片づけのプロ、ライフオーガナイザー®の松林奈萌子です。

「明日の夕方はご予定がありますか?」と聞かれたら、あなたはなんと答えますか?

「明日は夕方から子供の習い事があって…」

などと答えるママは多いのではないでしょうか。

お子様が幼稚園や学校から帰宅した夕方、また土日は、分刻みで習い事の予定が入っていて、ママはその送迎や付き添いと、毎日、自分以外の予定がびっしりと並んでいる。そんな方は今とても多いです。

第3弾コラムは、『子どもが伸びるママが輝く習い事整理法』として、連載していきたいと思います。

お住まいの地域も違えば習い事環境も皆様それぞれ違いますが、年初めでもあるので、”コト”を持つ意味を改めて考える機会にしてみてくださいね。



今や0歳から通える習い事もたくさんありますが、一般的にはお子様が幼稚園に通うぐらいの年齢になってくると、 お子様の可能性や未来を考えて”習い事”を始める方が多いです。

しかし種類も多様化、細分化が進んだ昨今、結局何を習わせてよいのかわからずあれもこれもと詰め過ぎてしまっているご家庭も少なくないように思います。

【人気の習い事ランキング】
【○歳までにスタートで差をつけよう】
【先取り学習】【早期教育】
【習わせてよかった習い事○選】

そんなフレーズに引き寄せられ、「子どもの可能性を広げられるなら」と入れられるだけ詰め込み、その結果、自宅でゆっくり過ごす時間はなくなり、自宅をリセットする時間もない、送迎やサポートに奔走して、ママの時間もない。

気付けば自宅にはモノが溢れ返ってしまい、イライラを抱えてしまう。。習い事が増えればその分、必然的にモノも、配られるプリントも増えます。保護者の送迎時間も面談時間もスケジュール管理も増えます。

実は自宅が片づかない原因は、単に片付けが苦手だから、といったものだけではなく、現代社会では、「習い事が多い」などといったところにも原因があったりするのです。

今回はこんなことを考えていただきたいと思います。
・習い事は何のためにさせているのですか。(理由)
・どうしてさせているのですか。(目的)




明確な理由や目的を持たないまま、「周りのお友達が習い事をはじめたから」「幼稚園の放課後教室で募集していたらから」などと、なんとなく習い事をしていたとしたら、お子様のやる気は続かず疲れてしまいますし、せっかくお金も時間もかけているのに、、、と家庭内は悪循環になってしまいます。

習い事を始めようと思ったり、習い事が多いかもと感じたら、何のために習い事をさせたいのか、どうして習い事をさせたいのか、思考の整理から始めてみましょう。気分を一新したい1月、新年度が始まる前のちょうど今、改めて考えてみてくださいね。

お子様は今いくつぐらい習い事をされていますか?是非パワーパレット公式ツイッターなどでお聞かせください。

パワーパレット公式ツイッターへ

松林奈萌子さん読み物一覧ページへ
読み物一覧ページへ