子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター


【下村さき チャイルドカウンセラーの子育てコラム】
ごはんに集中しない子が変わる?食が進まない子にオススメの3つの解決策




人にはそれぞれ個性があります。なんでももりもり食べてくれる子もいれば、食事に興味を持ってくれない・食事より別のことに集中してしまうという子ももちろんいます。

でも、そんなことはわかっていても「うちの子、あまりにもご飯を食べてくれない……」と、不安になったりしますよね。また、親としてはあまり気にしていなくても、周囲から「〇〇ちゃん、すごく細いよね!」と言われたり、検診などで「もっとしっかり食べさせてください」なんて言われて、責められている気持ちになって落ち込むこともあるのではないでしょうか。

今回は、食が進まない子が積極的にご飯を食べるようになる3つの解決策をまとめました。

1.最初に少なめの量を盛って、おかわり制度にする


1つ目は、最初に子どもに食事を出す際、『この量なら絶対に食べきれる』という少なめの量にして出してあげること。見た目というのはかなり大事です。

たとえば大人でも、苦手な食べ物をお皿にどっさり盛られると、「絶対に無理……」と食べる前からしんどい気持ちになってしまうのではないでしょうか。

それが一口くらいの量なら、「これくらいなら頑張れるかもしれない」と思えるはずです。食が細い子には、この「これくらいなら頑張れそう」という気持ちを持ってもらい、『まず食べさせる』ということが重要です。

「食べられた!」という達成感が生まれれば、本人も食事に対する抵抗感が少なくなり、自分の食べられる量を積極的に食べることができるようになります。

おかわり制度にしておくと、ちょっとしたゲームのような感覚でおかわりをしてくれる子もいるので、ぜひ「もっと食べられそうだったら、おかわりしようね」と声掛けしてあげてください。おかわりをしないけどもっと食べられそう……と判断できれば、翌日から少しずつ量を増やして様子を見るということも可能です。

2.ごはんの準備を手伝わせる


2つめは、子どもに食事の準備を手伝わせてあげること。実験データとしては参考文献がなかったのですが、我が家の3歳の娘はわかりやすく、これで効果を出しています。

たとえば、普段なら絶対に食べない卵をゆで卵にして皮をむくのを手伝ってもらうと、食事が始まる前に全部食べてしまうほど。おいなりさんを作るときに、酢飯を一緒に作ってもらったり、ご飯を詰める作業をしてもらうと、「これ、〇〇ちゃんが作ったんだよ!おいしいでしょ!ママももっと食べていいよ!」と、嬉しそうにたくさん食べてくれるのです。

お弁当をたくさん食べてほしい!という方には『ご飯がススム!ランチクロス/ランチラッパー』もオススメです。


おうちでママが作ったお弁当を子どもに包んでもらうと、食事の時間に「私が包んだお弁当!」と張り切ってご飯を食べてくれます。ボタンとバンドで子どもでも簡単にできますし、料理の手伝いに興味をもたない子どもでもできるのが嬉しいですね。

3.興味をひく見た目にする


最後は、興味をひく見た目にすること。2のご飯の準備を手伝わせることと合わせ技でも使えます。

一緒に野菜の型抜きをしてみるのも良いですし、ママが用意したものの飾り付けだけを子どもに手伝わせることもできます。盛り付け自体にこだわるのも良いですし、食器やクロスを子どもの好きな絵がかいてあるものにしたり、子どもに選ばせたものに変えるだけでも効果があります。

2で紹介したクロスの料理をつくり、食事をしたあとで、「ハンバーグはこんな材料でできていたんだね」とクロスを見て答え合わせをするのも楽しいですね。答えを見るために食べなくちゃ!と、やはりゲーム感覚で一生懸命食べる姿が見られるかもしれません。

いかがでしたか?忙しいママにとって食事のお手伝いをさせたり、見た目にこだわった食事を作るのは大変です。 ですから、できるとき週に1回だけでも大丈夫です。

『食事の楽しみ方』が身につけば、子どもはいずれ積極的に食事を楽しむようになります。まずはキッカケを与えてあげて、長い目で向き合うつもりで気楽にいきましょう。

下村さきさん読み物一覧ページへ
読み物一覧ページへ