子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター

【秋葉優美おしゃれでハッピーなママライフコラム】
卒園、卒業シーズン!非常識ママにならないためのこれだけは押さえておきたいファッションポイントとは!?



皆さんこんにちは。秋葉優美です。まもなく3月。卒園、卒業シーズンです。入園・入学のセレモニーファッションマナーは知っているけれど、卒園・卒業はどうしたらいいの?と意外と悩む方も多いかと思います。

今回は、今更人に聞けない!非常識ママにならないための、卒園・卒業セレモニーでのファッションポイントについてお伝えいたします。

1 ダークカラーのスーツを選んで

卒園式、卒業式は「子供のお祝いの日」ではありますが、「お別れの日」も意味します。子供の晴れ舞台!と思って、うっかり白など明るい色のスーツを着ると、非常識ママになってしまいます。

卒園・卒業セレモニーでは、黒・紺・グレーなどのダークカラースーツを着るようにしましょう。中にワンピースを着用する場合も、ジャケットはダークカラーのものを選び、卒園・卒業式らしい装いにしてください。

着物はいいの?と悩む方も多いかと思いますが、着物でもOKです。ただし、この場合も派手な柄は避け、「色無地」を選ぶようにしてください。

色に関しては、スーツとは違い、絶対ダークカラーで!ということはありません。ライトグレーやベージュ、ピンク、水色といったような淡い色を選ぶのでもOKです。

2 アクセサリーとストッキングにも注意して

スーツの場合、全身黒でまとめると礼服のような印象になってしまいます。基本的には落ち着いたカラーのスーツを選びますが、コサージュやアクセサリーをプラスして、「お祝いの日」の装いを意識しましょう。

アクセサリーは派手すぎるものは避け、パールネックレスなど無難なものにしましょう。また、ストッキングはナチュラルカラーを選んでください。ダークカラースーツに、黒ストッキングを合わせると、こちらも礼服のような印象になってしまうので、要注意です。

3 靴やバッグは「ザ・ブランド」は避ける

フォーマルな服装には、シンプルなデザインのバッグを選んでください。色は黒、紺などのダーク系でも、上品なベージュカラーなどでも大丈夫です。有名海外ブランドのロゴ入りバッグなどは悪目立ちしてしまうので、避けましょう。また、クロコやレザー、毛皮素材なども派手に見えるのでNGです。

靴に関しても、ロゴが前面に見えるよう「ザ・ブランド靴」は避け、ブランドのものでもシンプルなデザインのものを選んでください。色に関しては、スーツに合う落ち着いた色を選んでください。黒、グレー、紺、ベージュなどが良いです。

ヒールに関しては、ピンヒールでコツコツ音が気になるものは避けてください。高さは8cm以下のローヒールが品格を損ねることがないので、おすすすめです。

4 寒さ対策も忘れずに
卒園・卒業シーズンはまだまだ寒い時期です。セレモニー中に寒いからといってコートやカーディガンを羽織るのはNGです。厚手のインナーにするなど、寒さ対策も忘れないようにしてください。

いかがでしたか?意外と知らない卒園・卒業式のファッションマナー。これからお洋服を買おうと思っていた方もお手持ちの物でアレンジしようと思っていた方も、注意すべきポイントに気をつけて、お子様の大切な日をお過ごしください。

秋葉優美さん読み物一覧ページへ
読み物一覧ページへ