子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター


ママのタイムマネジメント術 2
スケジュールは「重要な用事」から埋めていこう!


松林奈萌子さん『家と心が輝く片づけ個別相談』へ

こんにちは!家と心を輝かす片づけのプロ&ライフオーガナイザー®の松林奈萌子です。

『ママのタイムマネジメント術』の連載2回目をお送りします。



突然ですが質問です。

人にとって、この世で一番大切なものは何でしょう?

正解は「時間」です。「命」と考えた方も多いと思います。もちろん大切です。

辞書で命を調べてみると、

「生物の生きる力・時間」と書かれており、つまり、「時間」は命も含めた人生そのものであり、この世で一番大切なものと言われています。

そんな大切な時間を何にどう使うかで、人生の質も変わってきます。

今回は大ベストセラー「7つの習慣」の著者でもあるコヴィー博士の「大きな石」という実験をご紹介しながら、時間の使い方について一緒に考えていただきたいと思います。

大きな石の実験では次の4つのものを用意します。

・ガラス容器
・大きな石(容器に入る程度)
・小石や砂(容器の半分程度)
・水

これらを全てガラス容器に入れていく時、あなたはどの順番で入れていきますか?

まず小石と水を入れてみます。すると容器はほとんどが埋まってしまい、大きな石 は入れることができなくなってしまいます。

今度は大きな石を最初に置いてから、小石を入れて最後に水を注ぐと、驚くことに全てがピッタリと入ります。

この実験で使った道具は、以下に置き換えることができます。

「ガラス容器=持ち時間」
「大きな石=重要な用事」
「小石や水=たいして重要でない用事」

つまり、前者の小石を先に入れる方法では、あなたにとっての重要な用事に時間を割くことができず、結果として重要ではない雑務に追われて疲弊するだけの毎日を送ることになってしまう可能性が高いことを表します。

人生のタイムマネジメントにおけるコツは、あなたにとって重要なことから、先に予定を埋めていくことです。

その後に、前回出してもらった家事一覧を入れていくようにすれば、あなたは毎日、優先度が高いことをこなせている分、有意義な時間を過ごせていると感じるようになるはずです。



そのためには、自分の中の「大きな石」は何なのかを日頃から意識して明確にしておく必要があります。

私自身も下の子が2歳、上の子が7歳の時に、家事全てを家族に任せて、アメリカへ4泊6日の出張に行ったことがあります。



最初は小さな子どもを置いて無理だよな…と諦めていましたが、私にとっての仕事が「大きな石」であると認識していたので、叶えるために必要な仕組みを作りました。

結果、とても有意義な時間を過ごすことができ、一連の家事を家族に把握してもらう良い機会となりました。

時間と行動に優先順位をつけ、同時に自宅を片付け、仕組みを作ることで、ママ一人が担っていた「小石」である雑用を、家族と分担しやすくなります。

あなたは大きな石は何ですか?

松林奈萌子さん『家と心が輝く片づけ個別相談』へ

松林奈萌子さん読み物一覧ページへ

人の心に寄り添う『片付け』を 松林奈萌子さんインタビューページへ

読み物一覧ページへ