子どもたちに楽しく「生きる力」を ママと子どものサポーター

【ZEROGYMインストラクター青木美穂】
ママの笑顔で毎日をhappyに!


皆さん、こんにちは。
ZEROGYMインストラクターの青木美穂です。



昨年初めての出産を経験し、現在6ヶ月の娘を子育て中です。

我が子はとても愛おしいけれども、忙しい日々で心に余裕がなくなるとイライラすることってありますよね。

それに理由もなく突然涙が出てきたり、産後の変わり果てた体型に悲しい気持ちになったり、主人に無性に腹が立ったり…(笑)。産後の悩みは尽きません。

そんな新米ママの私ですが、できるだけ毎日を笑顔で過ごすために心がけていることがあります。

それは“自分を大切にすること”



まずは今の自分の体を知ることが大事だと子育てをする日々を通して感じたので、今回は産後の体についてお話をしようと思います。

産後多くの方が悩むのが、腰痛や肩こり、むくみ、冷えといった様々な体の不調です。これらは、骨盤の歪みによる姿勢の乱れが原因で起こるといわれています。

そのため、原因となる骨盤の歪みを整えてあげると、不調が改善されやすくなります。次の二つは、産後に多くみられる姿勢です。


骨盤が前傾

骨盤を前傾させたまま上半身を起こした状態が上の写真。妊娠中に赤ちゃんが成長してお腹が大きくなるので、骨盤が前傾しやすくなります。産後はほとんどの方がこの姿勢になってしまっています。


背骨がゆるやかなCカーブを描く

もう一つ多いのが、骨盤を前傾させたまま、前に押し出しているような姿勢です。こちらも産後になりやすい姿勢になります。

こうした骨盤の歪みを整えてあげるには、骨盤周りの筋肉を使ってあげることほぐしてあげることが大切です!

まず大切なのが、お腹の筋肉を使うこと。

「腹筋なんてやりたくなーい」

「運動きらい!」

「そんな時間ない!」

なんて声が聞こえてきそうですが、安心してください!

今回は短時間で楽しみながらお子さんと一緒にお腹を鍛えられるトレーニングを紹介したいと思います。

夜寝かしつけをする前など、ちょっとした隙間時間に行なってみて下さいね。

●赤ちゃんボートのポーズ

※0歳のお子さんと行う場合は必ず首が座ってから行いましょう。
※ママは産後2ヶ月経ってから行なうことができます。

1 まずは膝を立てて赤ちゃんを抱っこします。



2 お腹を引き締めて背骨を伸ばしたら、つま先だけ床につけます。



3 余裕があれば足をアップします。ここで5秒キープ! (お腹の力が抜けると背骨が丸まりやすいので注意!)



4 足をおろして背骨を丸めて一度休憩してください。

5 これを3セット行なってみましょう! (3セット行なっても、1分かかりません)

【ポイント】
・膝をしっかり閉じることで内ももの引き締めにも効果的です!

・産後は足を開きやすいので、できるだけ閉じることを意識してみましょう。

・慣れてきたら、足を上げたときに足を左右にユラユラ揺らしたり、上下にバタバタ揺らしてみましょう。

・一人でもできるので、テレワークの合間にやって運動不足を解消しちゃいましょう!


上記ポーズを1人で行う場合

●赤ちゃんに与える効果

赤ちゃんも不安定なところでポーズを取ることで、体幹が鍛えられます。

ママと一緒に行なうことで沢山の刺激が得られて、夜ぐっすり眠ってくれるようになるので、夜泣きの改善にも繋がります。(個人差はあります)

もし赤ちゃんがグズったり、よく動き回り一緒にやってくれなくても、ママの運動している姿を見せるだけで、たくさんの刺激を受けていますよ。

●最後に

産後のママの体はホルモンバランスが大きく崩れて、心身ともに沢山のダメージを受けます。産後うつ、産後クライシスなどに悩まれる方も少なくありません。

産後はママの体を労わることが何よりも大切なのに、休む暇もなく始まる育児で心身共に休まらない時間が続き、疲労がどんどん蓄積されています。

溜まった疲労が溢れてしまう前に、1日5分のリフレッシュ時間を設けて、ママの心身の疲労を取り除くのがとても大事だなと感じます。

親子での触れ合いは、幸せホルモンと言われているオキシトシンが分泌されるため、一緒に運動するとストレスが軽減されますよ。



ぜひ、赤ちゃんとの触れ合い時間で、ご自身の体のケアをしてあげて下さいね。

次回も親子で行えるトレーニングをご紹介します!
お楽しみに。

青木美穂さんコラム一覧はこちらから

読み物連載 専門家たちの一覧はこちらから

最新読み物一覧ページへ
 

執筆者プロフィール
青木美穂



群馬県出身。大学卒業後、福祉関係の会社に就職し介護業務に従事。
その後不動産関係の会社に転職したが多忙な業務の中で心身のバランスを崩し悩む。

そんな中ヨガをする事で気持ちが前向きになれ、心身の落ち着く感覚を覚える。
ヨガを知れば知るほどヨガの魅力にはまり、もっと深く学びたいという気持ちからヨガの本場インドへ留学。

帰国後はヨガとマインドフルネス瞑想を取り入れた日本初の疲労回復専用ジム【ZEROGYM】にてインストラクターとして勤務し、新宿店店長を経験。
法人向けの出張プログラムのセミナー講師も担当する。

2020年長女出産を機に、子供とママ両方が笑顔になれるヨガをしたいと考えていたところで産後のママの体をケアしつつ、赤ちゃんは脳トレや体幹トレーニングができるベビトレヨガに出会いインストラクターの資格を取得する。

【保有資格】
ヨガインストラクター(RYT200)
ベビトレヨガインストラクター
シニアヨガインストラクター
介護福祉士
アロマテラピー検定1級
タイ厚生省認定タイ古式マッサージ資格
食生活アドバイザー(勉強中)