【秋葉優美】もうすぐ七五三!ママファッションのマナーとポイントとは?

一覧にもどる

2022.10.11

秋葉優美

ファッション

コーデ

ママ

キッズ

七五三

洋装

和装

【秋葉優美】もうすぐ七五三!ママファッションのマナーとポイントとは?

ファッション

【秋葉優美】もうすぐ七五三!ママファッションのマナーとポイントとは?

まもなく七五三シーズンを迎えます。晴れ着姿となる七五三は、子どもにとって一大イベント。

きっとママは子どもの衣装選びに大忙しだと思います。

そして、自分のものは後回しになってしまい、いざ衣装の準備しようとしても、和装と洋装どちらが良いのかわからない、スーツや着物の色の決まりはあるの?と、悩む方もたくさんいるはず。

そこで、今回は、七五三のママファッションのポイントについてお伝えいたします。

和装、洋装どちらが良い?

子どもが和装ならば、ママは和装でも洋装でもどちらでもOKです。ただし、気をつけなければいけないのが、子どもが着物を着ない時です。

お子さんが着物ではなくドレスやタキシードなどの洋装でお写真を撮るような場合、ママも洋装が良いでしょう。
子どもが洋装で、ママが和装だと、ママの方が目立ってしまうからです。

あくまでも「主役は子ども」なので、子どもを引き立たせるファッション選びを心がけてください。

洋装のマナーは?

子どもが洋装の時は、フォーマルなスーツやワンピースを選びましょう。スーツの場合は、上下セットの物がきちんと見えるのでおすすめです。

色に関しては、グレーやネイビーが落ち着いて見えますが、ベージュや薄いピンクなど柔らかいイメージのものを選んでも素敵です。

ただし、黒に関しては、全身黒でまとめてしまうと喪服をイメージさせてしまうので、インナーを白にしたり、靴をグレーやベージュにしたりと、黒以外の明るめの色を選ぶようにしましょう。

ワンピースの場合は1枚でも良いですし、ジャケットを羽織ってもOKです。ジャケットを着用する場合は、ダーク系のワンピースに明るい色のジャケットを羽織るなど、組み合わせを変えても問題ありません。

洋装に関して、誤ってもジーンズやスエットといったカジュアル過ぎるもの、ミニスカートなど品格が欠けるものは選ばないように気をつけてください。

和装のマナーは?

七五三では子どもが着物のことが多いので、ママも和装の時は、子どもよりも派手にならないように気をつけること。

例えば、女の子が赤の着物を着るならば、ママはそれよりも目立たない淡いピンクやオレンジにするといったように、控えめな色にしましょう。

男の子の場合は、黒や寒色系の袴が多いですが、色がかぶらないからと赤のような派手な色にするのではなく、淡いブルーやグリーン、ピンク、オレンジなどを選んで、子どもを引き立たせるようにしてください。

アクセサリーは?
和装については、アクセサリーは必要ありません。
ネックレスやブレスレットはマナー違反になってしまうので、もしつけるとしたら1粒パールのイヤリングやピアスまでにしてください。
垂れ下がらないタイプの品の良いものを選びましょう。

洋装では、アクセサリーをつけても問題ありませんが、こちらも垂れ下がるタイプのイヤリング・ピアスやゴージャスすぎるネックレスは避けましょう。ネックレスに関してもパールを選ぶと品が出るので、おすすめです。

いかがでしたか?
ハレの日に相応しい品のある装いで、思い出に残る素敵な七五三をお迎えくださいね。


秋葉優美さんコラム一覧はこちらから

<執筆者プロフィール>

秋葉優美
melia closet代表
企業研修講師/司会/MC
コラムニスト/ライター

現役アナウンサーが徹底指導!~話す力で明るい未来を!~
HANASO Speech Academy所属講師

2014年イメージアップコンサルタントとして、独立。5000名以上の研修やファッションコーディネートの実績をもつ。

また、身だしなみ、プレゼンテーション、話し方、コミュニケーション、マナー、セルフブランディング、ライティングなどをテーマに、日本全国で法人向けの講演、研修を行っている。

コラムニスト/ライターとしてWEB連載実績も多数。コラムニスト/エッセイスト養成にも携わる。プライベートでは2児の母。