【秋葉優美】失敗しないために知っておくべきこと。入園・入学準備で絶対必要な物、いらない物とは?

一覧にもどる

2022.03.08

秋葉優美

ファッション

コーデ

ママ

キッズ

入園

入学

【秋葉優美】失敗しないために知っておくべきこと。入園・入学準備で絶対必要な物、いらない物とは?

ファッション

【秋葉優美】失敗しないために知っておくべきこと。入園・入学準備で絶対必要な物、いらない物とは?

間もなく4月。お子様が入園または入学を控えているご家庭も多いのではないでしょうか。
 

入園・入学に際して、何が必要? 何を買ったらいいの? と悩まれている方も多いと思います。そこで、今回は入園・入学準備で必要な物、なくても困らない物についてポイントをお伝えしたいと思います。



◎保育園は「自分で着脱できる物」「危険のない物」を!

保育園は基本的に私服で通園するため、ご自身で必要な物を準備する必要があります。
 

用意しておくべき物として、通園時の洋服から靴や靴下、お昼寝用の布団などたくさんあります。ご家庭で用意するものが多いからこそ、押さえておくべきポイントについてお伝えしますね。
 

洋服を選ぶ判断基準として、自分で「着脱できない物」と「危険な物」は避けましょう。

例えば、フード付きの服はかわいいデザインの物がたくさんあるのですが、大人数で過ごす保育園では、遊具などに引っかかって怪我をするリスクがあるので、基本的には禁止されていることが多いです。
 

また、靴紐タイプの靴は紐が解けて転んだりする危険があるので、自分で結べないうちは避けましょう。ファスナーも自分で着脱するのが難しいだけでなく、自分やお友だちの肌を傷つけてしまう可能性もあるので、幼いうちは避けること。

また、ボタンの服、前後が分からないデザインの靴下は、幼い子どもは自分で着脱できないので、自分で着脱できる被りタイプの服、マジックテープタイプの靴、前後がはっきり分かる靴下などを選ぶようにしてください。
 

今までは親がやってあげたことも、入園するとほとんど自分でやらないといけません。自分で着脱できるもの、危険がないものという視点で必要な物を揃えてみてくださいね。
 
 

◎入園式の服装は手持ちの物をアレンジしてもOK!

次に入園式の服装に関してですが、初めての環境で子どもが緊張することも考えられるので、手持ちで着慣れたものでもOKです。
 

色に関して、ダークカラーや柄があまり入っていないものを選ぶと、入園式らしい落ち着いた雰囲気になります。購入するのであれば、ジャケットやボレロ、ベストなどを羽織るだけで、一気にフォーマル感がでるので、おすすめです。
 

さらに、女の子は髪の毛をアレンジしたり、ヘアアクセサリーをつけたり、男の子は蝶ネクタイをつけたり小物を加えると良いですよ。



幼稚園は園規定を必ず確認!

幼稚園にご入園の方は、制服があったり、園の規定の物を揃えたりすることが多いので、先走ってこれ使えそう! と買ってしまうと、結局使うことがないということにもなりかねません。お弁当で使うだろうと思って箸を買ったら、箸の使用が禁止だったり、ピックの使用が禁止だった、など色々と制約があります。
 

また、靴下も白ソックスと決まっていたり、靴も指定の物だったりすることもありますので、事前に幼稚園からの情報をしっかりキャッチアップしましょう。



◎低学年のうちは作りがシンプルな物を!

次に小学校入学準備についてです。小学校で必要なものといえば、ランドセルや筆箱です。ランドセルは基本的に自由な学校が多いですし、すでに準備されているご家庭が多いのではないでしょうか。

筆箱については、ポーチ式のタイプがありますが、低学年のうちは箱形の物をおすすめします。ポーチ式だと、開けたときに一目で見渡せないので、何が入っているかわかりづらいですし、チャックが壊れたりすることも考えられるので、シンプルな箱形の物が子どものうちはおすすめです。

 
箱型だったら一目で何がないかがわかるので、消しゴムが入っていない、鉛筆を削り忘れたなどが防げます。

 
ボタンを押すと色々出てくるタイプやものもありますが、低学年のうちは学習に集中できなかったり、危なかったりするのでやめておきましょう。

またアルミ素材のものは落としたときにうるさいので、避けた方が無難です。
 

洋服については、自由ですし、基本的に自分で着脱できるものであれば、問題ないでしょう。ただし、靴に関しては、低学年のうちは紐タイプのものはほどけて危ないので、マジックテープタイプのものをおすすめします。



入学式の服装はレンタルでもOK!

入学式の服装ですが、入園とは違って、しっかりとフォーマルに見えるものが望ましいので、トータルで購入すると数万円くらいの費用がかかります。入学式のために購入しても、その後着る機会がなかったり、すぐサイズアウトしてしまったりするので、レンタルにしてしまった方がよいかもしれません。
 

レンタルだと、トータルコーディネートされたものが用意されていることもあるので、何も考えずに借りられます。一方で、下に同性のお子さんがいたり、記念に取っておきたい、習い事の発表会で使うからという理由で、購入される方には以下のようなスタイルをおすすめいたします。
 

まず女の子ですが、ワンピースにボレロなどのジャケット、靴下は白ソックス、靴はパンプスがおすすめです。
 

男の子は、ジャケットにネクタイ、靴もダークカラーのフォーマルシューズがおすすめです。

ただし、靴に関しては男の子も女の子も今後も使えるものが良いということであれば、黒のスニーカーでも問題はありません。
 

入学式当日はたくさん写真を撮るかと思いますので、ぜひ素敵なフォーマルコーディネートを心がけてみてくださいね。
 

いかがでしたでしょうか。

ぜひ親御さんも準備を楽しみながら、お子様の入園・入学に臨んでくださいね。
 
秋葉優美さんコラム一覧はこちらから

<執筆者プロフィール>

秋葉優美
melia closet代表
企業研修講師/司会/MC
コラムニスト/ライター

現役アナウンサーが徹底指導!~話す力で明るい未来を!~
HANASO Speech Academy所属講師

2014年イメージアップコンサルタントとして、独立。5000名以上の研修やファッションコーディネートの実績をもつ。

また、身だしなみ、プレゼンテーション、話し方、コミュニケーション、マナー、セルフブランディング、ライティングなどをテーマに、日本全国で法人向けの講演、研修を行っている。

コラムニスト/ライターとしてWEB連載実績も多数。コラムニスト/エッセイスト養成にも携わる。プライベートでは2児の母。