【青木美穂】 ストレスを溜めない習慣づくりをしよう!ストレスを軽減できるマインドフルネス瞑想

一覧にもどる

2022.05.24

青木美穂

子育て

ママ

ヨガ

呼吸

瞑想

マインドフルネス

【青木美穂】 ストレスを溜めない習慣づくりをしよう!ストレスを軽減できるマインドフルネス瞑想

運動・エクササイズ

【青木美穂】 ストレスを溜めない習慣づくりをしよう!ストレスを軽減できるマインドフルネス瞑想

皆さんこんにちは。


ヨガと瞑想を使って心身の疲労を取り除く日本初の疲労回復専用ジム『ZEROGYM』にてヨガインストラクターをしている青木美穂です。


今回は”マインドフルネス瞑想”についてお話をしようと思います。


そもそも皆さんは、瞑想にどんなイメージをもっていますか?

目をつぶって、何時間も同じ場所に座り、ジッとしていなければいけない...。


一部の人が実践しているスピリチュアルで怪しいもの...。そんな風に思っている方もいるかもしれませんね。

しかし実は、瞑想はごく短時間でも、人ごみの中でも、座っていても、歩いていてもできるものなのです。

それでは瞑想にはどんな効果があるのでしょうか。

瞑想の効果として一般的に言われているものをいくつか挙げてみます。

・集中力がアップし仕事やスポーツ、家事の効率が上がる
・記憶力が向上する
・免疫力がアップする
・他人と比べないようになる
・心が落ち着き、幸福感を感じやすくなる

などなど、これらはほんの一部ですが、沢山の効果が期待できます。

そして瞑想をする上で知っておきたいのが「マインドフルネス」という概念です。

マインドフルネスとは
「今、ここ」に100%の意識を向けて、自分の身体の感覚や感情、思考を冷静に観察している心の状態
のことを言います。

ざっくり言うと
「あれこれ考えず、ただ目の前のことに集中する」
と思ってもらうと良いかもしれません。

なんだか難しそう、、と思われる方もいるかもしれませんがやることはとってもシンプル!

では早速マインドフルネス瞑想のやり方をお伝えしていきたいと思います。

心身共にスッキリするので、なかなか疲れがとれないという方にもオススメです。

●マインドフルネス瞑想のやり方

基本的には姿勢を整えて、今の自分の「呼吸」に意識を向けるだけです。

もし意識が呼吸からそれてしまったら、それに気付いた時点で、また呼吸に意識を向け直していきます。ただひたすらこの作業を繰り返し行っていきます。

●姿勢を整えよう

不自然な姿勢だと集中力が保ちづらく、瞑想が深まりにくいため、瞑想をする前にまずは姿勢を整えましょう。

あぐらか正座で行うのが基本姿勢ですが、椅子に座ったり、お尻の下の座布団を敷いたりしてもOKです。

背骨が気持ち良く伸びていて、ご自身が心地良いと思う姿勢であることが大切です。
※姿勢の詳しい解説は、『疲れの原因は脳にあった!?脳疲労を”呼吸”で解消しよう!』の記事で詳しくお話をしています。

●まずは3分間から始めてみよう!

最初のうちはなかなか集中力が続かないと思うので、まずは3分間から始めてみましょう。携帯などでタイマーをセットしておくと良いですよ。

姿勢を整えたら目を閉じて、ひたすら今の自分の呼吸に意識を向けていきます。
今、自分がどんな呼吸をしているのか、深いのか浅いのか、長いのか、短いのか。
繰り返される呼吸をただ観察し続けます。

お腹や胸に手を当てて、呼吸によって動く身体の感覚を観察してみるのも良いです。

瞑想中の呼吸は、浅くても深くても大丈夫です。
ご自身が「心地良いな」と感じられることが大切です。
基本は鼻呼吸ですが、苦しい場合は口呼吸でもOK!

3分間から始めてみて、慣れてきたら5分、10分と少しずつ時間を延ばしてみましょう!

最初は上手くできなくても、繰り返し練習を重ねていくと、必ず変化を感じられるようになります。

●最後に

私は瞑想やヨガに出会えたことで何ごともポジティブに考えられるようになり、嫌なことがあっても比較的気持ちの切り替えが早くできるようになりました。

子育てには悩みがつきものですが、瞑想をすることで、一歩引いたところから子どもを観察することができるようになります。
そして、すぐに怒ったり悲しくなることが減ったように感じます。

子どもの短所だと思っていたところが、見方を変えたら実は長所だなと捉えられるようになったのも、瞑想のお陰です。

例えば、娘がティッシュを大量に取り出して部屋を散らかしていたとしても、

「こんなに一つのことに集中できたなんて凄いね。指先も上手に使えたね」

と、考えられるようになりました。

娘の良い部分に目が向けられるようになったことで、子育てが楽しいと思える瞬間が増えたのが大きな変化です。
瞑想によって、皆さんの心と体が少しでも楽になったらとても嬉しいです。

今日も全てのママがhappyでありますように。

次回もお楽しみに!

青木美穂さんコラム一覧はこちらから

<執筆者プロフィール>

青木美穂

群馬県出身。大学卒業後、福祉関係の会社に就職し介護業務に従事。
その後不動産関係の会社に転職したが多忙な業務の中で心身のバランスを崩し悩む。

そんな中ヨガをする事で気持ちが前向きになれ、心身の落ち着く感覚を覚える。
ヨガを知れば知るほどヨガの魅力にはまり、もっと深く学びたいという気持ちからヨガの本場インドへ留学。

帰国後はヨガとマインドフルネス瞑想を取り入れた日本初の疲労回復専用ジム【ZEROGYM】にてインストラクターとして勤務し、新宿店店長を経験。
法人向けの出張プログラムのセミナー講師も担当する。

2020年長女出産を機に、子供とママ両方が笑顔になれるヨガをしたいと考えていたところで産後のママの体をケアしつつ、赤ちゃんは脳トレや体幹トレーニングができるベビトレヨガに出会いインストラクターの資格を取得する。

【保有資格】
ヨガインストラクター(RYT200)
ベビトレヨガインストラクター
シニアヨガインストラクター
介護福祉士
アロマテラピー検定1級
タイ厚生省認定タイ古式マッサージ資格
食生活アドバイザー