【イゲット千恵子】エグゼクティブパパ&ママの子育て10 人生を成功に導くコミュニケーション力を育てる方法

一覧にもどる

2022.04.19

イゲット千恵子

子育て

キッズ

コミュニケーション

会話

国際社会

【イゲット千恵子】エグゼクティブパパ&ママの子育て10 人生を成功に導くコミュニケーション力を育てる方法

子育て

【イゲット千恵子】エグゼクティブパパ&ママの子育て10 人生を成功に導くコミュニケーション力を育てる方法

皆さん、子どもとの会話をどのように楽しんでいますか?

日々の声かけは重要だと思っていても、家事の忙しさから
「宿題やったの?」
「早く食べちゃって」
「これどうしたの?」

と、子どもの行動をチェックするためだけの会話になってしまってはいませんか?

子どもは、親の言っていることをそこまで聞いていないだろうと思うかもしれませんが、母親の声は聴き慣れた心地の良い音であるため、思いの外よく聞いているものです。 

だからこそ、家族の会話はとても重要になります。

昭和の時代は、専業主婦の母親が多く、子どもに手をかけすぎたことによる弊害が多いように感じています。

なぜならば、母親が子どもの気持ちを察して、なんでも先回りして行動してしまうので、親に自分の気持ちを伝えたり、交渉したりする機会がもてず、結果としてコミュニケーション力が育たないからです。
これは、日本人女性の察する力が高いことにも原因があると思っています。

察する力は、国際社会においても相手を理解するのには役立ちますが、逆に自分が伝える側になったときには弊害となります。
「言わなくてもわかる」ではなく、「言わないとわからない」のが、世界基準だからです。

また、ラインやチャットなど、文字での会話はできても、対面では苦手意識のある人も多いですよね。これらは家庭で日頃から訓練しなければ、会話力を磨くことはできません。 

子どもに質問をすればするほど、考える力や伝える力は伸びていくので、遊びや食事の場でたわいもない会話をしながら、親子の会話そのものを楽しんでみてください。

「親と話すと怒られるから話したくない」といった残念な親子関係にならないように注意すること。

会話のラリーが上手くできるようになると、将来、どんな国のどんな人とでも、楽しい時間を共有することができるようになります。

人との会話を楽しむには、相手に興味をもつことが大切です。人との対話が大好きな、好奇心の強い子に育つように、子どもの話にしっかりと耳を傾けてくださいね。

イゲット千恵子さんコラム一覧はこちらから

<執筆者プロフィール>

イゲット千恵子
Chieko Egged USA Corp
株式会社イゲット千恵子
代表取締役 Chieko Egged

「経営者を育てるハワイの親 労働者を育てる日本の親」の著者。17年前にシングルマザーで3歳の子どもを連れてハワイへ教育移住し、子どもに費やした教育費の総額はなんと5,000万円にもなる。それらの経験から、アメリカ人富裕層の教育投資情報に詳しい。

現在は、子どもにビジネスの基礎を身につけてもらうためのスクールである「CEOキッズアカデミー」を日本全国および海外に展開し、世界最大の女性起業家ビジネスコンペ、カルティエウーマンズイニシアティブにて東アジア女性起業家4位を受賞。世界各地でセミナー講師として活動し、のべ5,000人以上の方が受講している。

日米で2社の会社を経営している他、教育移住コンサルティング、ハワイM&A、教育、通販、オンラインスクール、オンラインサロン、輸入ビジネスなど16個の収入源をもつ。

HPホームページ
https://chiekoegged.com/