【松林奈萌子】子どもの習慣づけと仕組みづくり4(マナー編) 子どもが一人で靴を揃えられるようになる裏技

一覧にもどる

2022.01.11

松林奈萌子

片付け

子育て

習慣化

マナー

【松林奈萌子】子どもの習慣づけと仕組みづくり4(マナー編) 子どもが一人で靴を揃えられるようになる裏技

お片付け

【松林奈萌子】子どもの習慣づけと仕組みづくり4(マナー編) 子どもが一人で靴を揃えられるようになる裏技

松林奈萌子さん『家と心が輝く片づけ個別相談』へ


こんにちは!家と心を輝かす片づけのプロ&ライフオーガナイザー®の松林奈萌子です。

『子どもの習慣づけと仕組みづくり』の連載4回目をお送りします。
今回は「マナー」を習慣化させる仕組みづくりについてのお話です。

周りの方へ気遣いができる子になってほしい、気持ち良く生活していく知恵を身につけてほしい、育ちが良い子になってほしい、と願っているママは多いと思います。

ですが、子どもの躾や生活マナーの習慣づけは一朝一夕で上手くいくものではないので、手を焼いていませんか。

数ある生活マナーの中から、今回は「靴を揃える」習慣を身につけさせる簡単な仕組みづくりの方法をご紹介したいと思います。


1:次の3つの材料を準備する

・家族人数分の靴の中敷き
・A3クリアファイル
・両面テープ適量


2:靴の中敷きの裏に両面テープを貼り、クリアファイルの中に貼り付ける


3:靴を置いてほしい場所に、クリアファイルを置いて貼り付ける

中敷きだけを貼る方法でもよいのですが、汚れたらすぐに拭き取れるように、あえてクリアファイルに入れています。

一目で自分の靴の置き場所がわかるように、大きさや色で区別するのがおすすめです。

また、子どもの分だけ用意するよりも、大人の分も作って一緒に同じ方法で取り組む方が、子どものやる気アップや習慣化につながりますよ。

帰省をしたり親戚宅へお邪魔する機会も増える年始。新たな習慣づけをスタートしてみてはいかがですか。

次回は、子どもの習慣づけと仕組みづくりの「片づけ編」をお送りします。


松林奈萌子さん『家と心が輝く片づけ個別相談』へ
松林奈萌子さん読み物一覧ページへ
人の心に寄り添う『片付け』を 松林奈萌子さんインタビューページへ


<執筆者プロフィール>

松林奈萌子
家と心を輝かす片づけのプロ、マスターライフオーガナイザー®&メンタルオーガナイザー®
Jeweled House(ジュエルド・ハウス)代表

お子様の知的好奇心を伸ばし、ママ自身の人生を輝かす、心と空間の片づけのプロ。

10歳時に西宮市で阪神淡路大震災を経験。住まいが人の心に与える影響に興味を持ち育つ。

特有のアドバイスやサポートは埋もれていたモノや沈んだ心が次々と整い、家庭内に本来の輝きが戻ってくるため”魔法の手”と話題。

セミナーや講座受講者は2000名超。「億劫だった片づけが楽しくなる」と好評。「ライフオーガナイズの教科書」「片づけ収納ドットコム」等にて自宅掲載中。一男一女と夫の4人暮らし。

28才でライフオーガナイザー®として起業後、片づけ大賞2017グランプリ受賞。