【りんひろこ】発酵食品チーズで簡単おやつとおかず「のりチーズトースト」と「チーズと鶏の揚げ春巻き」

一覧にもどる

2022.10.04

りんひろこ

レシピ

発酵料理

ママ

キッズ

チーズ

【りんひろこ】発酵食品チーズで簡単おやつとおかず「のりチーズトースト」と「チーズと鶏の揚げ春巻き」

お料理

【りんひろこ】発酵食品チーズで簡単おやつとおかず「のりチーズトースト」と「チーズと鶏の揚げ春巻き」

▼──────────────────▼
外食する機会が減って、家族で食卓を囲む時間が増えた今、毎日の食事づくりに頭を悩ませている方も多いはず。

そろそろ自分の作るお料理の味にも飽きたよ! そんなママたちが笑顔になるレシピを、料理研究家のりんひろこさんがお届けします。

お子様と一緒に簡単に作れる、美味しくて栄養たっぷりの発酵料理をご堪能ください。
▲──────────────────▲

◎作り方の違いによって、チーズは3種類に分けられる

チーズとは、牛乳などの乳を凝乳酵素やレモンなどの酸によって、豆腐のように固めたもののことを呼びます。

チーズにもいくつか種類があって、ただ固めただけのものは「フレッシュチーズ」と呼ばれ、“カッテージチーズ”や“クリームチーズ”がこれに当たります。

この「フレッシュチーズ」を乳酸菌により熟成発酵させて、より固くなり、うまみが増したチーズが、熟成タイプのナチュラルチーズで、ワインのお供に売っているハードタイプのチーズ全般のことを指します

この熟成タイプのナチュラルチーズを一度溶かして味を調えてから固めたものが「プロセスチーズ」で、スーパーなどで売っているスライスチーズや、ピザ用のクラッシュチーズなど、日本で一番よく見るタイプのチーズです。

プロセスチーズは加熱によって発酵そのものは止まってしまいますが、それまでの発酵によって得られた栄養が蓄えられています。

良質なたんぱく質やカルシウム、ビタミンAやB群が豊富な栄養たっぷりの手軽に取り入れやすい発酵食品なので、育ち盛りの子どもにおすすめです。

毎日の食事にチーズを取り入れるために、今回は簡単にできる朝食レシピと、お弁当や夕飯にもなるおかずレシピをご紹介します。

◎子どものおやつにぴったりの食パンを使ったレシピ

【1】のりチーズトースト

<材料>1人分
食パン 1切れ
板のり(4つ切り) 1切れ
スライスチーズ 1枚
トマトケチャップ 適量(小さじ2程度)
<作り方>

食パンにトマトケチャップを塗り、のり、スライスチーズをのせ、トースターでチーズが溶けるまで焼く。

出来上がったら、キッチンはさみなどで4等分に切ると食べやすい。

◎おかずにもお酒のアテにもなる揚げ春巻き

【2】チーズと鶏の揚げ春巻き

<材料>
スライスチーズ 2枚
大葉 4枚
サラダチキン(市販のもの)1つ(80~100g程度)
春巻きの皮 4枚
油 適量
片栗粉、水 適量

<作り方>

1. 春巻きの皮の手前に4等分にしたサラダチキン、大葉1枚、半分にちぎったスライスチーズをのせる。

2. 両サイドを折りたたみ、最初はチーズがもれないよう手前からしっかり巻いていく。

3. 巻き終わりに水溶き片栗粉をぬり、とじる。

4. フライパンに油を多めにひき、2の春巻きを入れていく。両面こんがり焼いたら出来上がり。

どちらも簡単なお料理なので、お子さんと一緒につくってみてくださいね。



りんひろこさん読み物一覧ページへ



<執筆者プロフィール>




りんひろこ

京都で学んだ懐石料理や、大学時代に時代に留学していた台湾料理、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。 言語聴覚士としての病院勤務経験を生かした介護食や嚥下食、離乳食の提案も行う。

「みなとキッチン」料理教室を2010年より主催。