【りんひろこ】隠し味にヨーグルトを使うと、いつものメニューの深みがアップ!「温野菜のヨーグルトソース」と「鶏肉のヨーグルトカレー」

一覧にもどる

2022.11.02

りんひろこ

レシピ

発酵料理

ママ

ヨーグルト

カレー

【りんひろこ】隠し味にヨーグルトを使うと、いつものメニューの深みがアップ!「温野菜のヨーグルトソース」と「鶏肉のヨーグルトカレー」

お料理

【りんひろこ】隠し味にヨーグルトを使うと、いつものメニューの深みがアップ!「温野菜のヨーグルトソース」と「鶏肉のヨーグルトカレー」

▼──────────────────▼
外食する機会が減って、家族で食卓を囲む時間が増えた今、毎日の食事づくりに頭を悩ませている方も多いはず。

そろそろ自分の作るお料理の味にも飽きたよ! そんなママたちが笑顔になるレシピを、料理研究家のりんひろこさんがお届けします。

お子様と一緒に簡単に作れる、美味しくて栄養たっぷりの発酵料理をご堪能ください。
▲──────────────────▲

◎ヨーグルトは身体に欠かせない必須アミノ酸やミネラルが豊富

生まれたばかりの牛の赤ちゃんが飲む牛乳には、人が身体の中で作ることのできない必須アミノ酸9種類を全て含みます。

そして、牛乳を原料にして作られるヨーグルトもまた、バランスの良い必須アミノ酸が含まれ、それ以外にも炭水化物や脂質、ビタミン、カルシウムなどのミネラルも豊富です。

さらに、発酵によって生まれた乳酸菌やプロバイオティクスなど、身体に有用な働きを持つ微生物も含まれています。

朝食にヨーグルトを食べるという方も多いかもしれませんが、できれば料理にも取り入れて毎日食べたい食品です。

今回は、毎日の食卓に手軽にヨーグルトを取り入れられるメニューを2品、ご紹介します。どちらも子どもが大好きな味ですよ。


◎温野菜にかけて食べるさっぱり美味しいヨーグルトソース

【1】混ぜるだけで簡単にできる「温野菜のヨーグルトソース」
<材料>
じゃがいも
カリフラワー
ブロッコリー
かぼちゃ
さつまいも
…などのお好みの野菜
ソーセージ 適量

A
ヨーグルト 大さじ2
マヨネーズ 大さじ2
塩 少々

<作り方>

1. 野菜を一口大に切る。

2. 耐熱のふちなどの高さのある平皿に野菜を並べ、フライパンにペーパーを一枚敷いてからその上に皿をのせ、皿の上に水が来ない程度に水をはる。

3. ふたをして10分程度蒸し煮にする。(面倒な場合はラップをしてレンジで蒸しても良いです)

4. Aの材料(ヨーグルトとマヨネーズ同量なので、計らなくて目分量でもOK)を合わせて、温野菜にかける。

◎ヨーグルトを入れると、市販のカレールウが本格的な味に!


【2】「鶏肉のヨーグルトカレー」
<材料>4人分
鶏もも肉 2枚
玉ねぎ 1/2個
にんにく(すりおろし・チューブOK)小さじ1程度
しょうが(すりおろし)1かけ
ヨーグルト 1カップ(200㏄)
トマトケチャップ 大さじ3
カレールウ 4かけ
はちみつ 大さじ1(なければみりんでもOK)
オリーブオイル(その他の油でもOK)大さじ1
塩・こしょう 各少々
水 500㏄
ごはん 4人分

<作り方>


1. 鶏肉は一口大に切り、塩こしょうをふってから、ビニール袋に入れ、ヨーグルトも加えて10分程度おいておく。玉ねぎはスライスにする。

2. フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎとにんにく、しょうがを入れて、透明になってしんなりするまで2~3分炒める。

3.1の鶏肉をヨーグルトごと加えて炒める。鶏肉が白っぽくなったら水を加えて、トマトケチャップとカレールウ、はちみつも加える。

4. 蓋をして弱~中火の間くらいで15~30分煮る。(15分程度でも食べられますが、30分煮込むと、ヨーグルトのうま味が複雑な味わいに変わってさらにおいしくなりますよ。

5. ご飯とともにお皿に盛りつける。

いつもの食卓をワンランクアップさせるヨーグルトレシピ。混ぜるだけで手軽にできるので、ぜひご家庭でお試しくださいね。



りんひろこさん読み物一覧ページへ



<執筆者プロフィール>

りんひろこ

京都で学んだ懐石料理や、大学時代に時代に留学していた台湾料理、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。 言語聴覚士としての病院勤務経験を生かした介護食や嚥下食、離乳食の提案も行う。

「みなとキッチン」料理教室を2010年より主催。